Archive of ‘理想の通信講座’ category

行政書士の通信講座、最新型の会員制サイトの使い道

行政書士の通信講座は、年々テクノロジー面で進歩しています。少しずつ違いがあるとはいえ、たとえばマルチデバイス化は着々と進んでいますね。

講義映像にしても、DVDや指定されたWebサイトでの動画再生だけではありません。たとえばそれらの技術を応用して、スマートフォンやタブレット端末での再生がこの数年であちこちの講座で実現化しています

この動きからもわかるようにWebひとつをとっても、時代はまさにPCからスマホやタブレットに比重が移っているようです。そこで、これらのハードを使った会員制のサイトの拡大に力を入れる行政書士通信講座が近年目立つようになりました。

PCでアクセスする会員制のサイトと、大きな違いは見られないのですが、なんといっても出先で簡単にアクセスできる点が大きいですね。通信の行政書士受講者がどこにいてもアクセスできるということは、学習の機会が大幅に増えるということを意味します。実際にこの機能性を利用して、電車の中で立っているときでも苦労せずにできるような指導サービス(たとえば、一問一答形式の問題演習)を提供しているサイトは、今とても人気を集めています。

こうした動きは、通信の受講者としてはどんどん取り入れていくほうが正解でしょう。行政書士を勉強する時間が増えることになりますし、重たい教材を持ち歩いていないときでも勉強ができるというメリットもあなどれません。

※誤解を避けるために付言しておきますが、テキストや問題集を持ち歩いて行う通常の勉強が、あくまでも行政書士受験の基本です。それと併用する形で、さまざまなスマホやタブレットで利用できるサービスを活かす姿勢がいちばんですね。

行政書士の通信講座、単科の講座の使い道

行政書士の通信講座を受けるなら、講座のバリエーションにも注意して選び、活用できそうな余地があるならぜひ活用したいところ。それが、理想的な消費者精神でしょう。

通信講座は通常、行政書士の全受験範囲をひっくるめてカリキュラムを組みます。どんなに無駄がないカリキュラムでも、数ヶ月は受験勉強に使わないといけませんから、申し込むとかなりのヴォリュームのある教材が送られてくることが普通です。もちろん、費用もそれなりにかかるでしょう。

しかしそのような常識にあてはまらない行政書士の通信講座も存在します。これは、基本となる講座とはまた別に出されるものですね。

それにしても、どうしてそのような単価の講座がつくられるのでしょうか。答えは簡単、基本となる講座では対処できない部分を対処するためにつくられているからです。ほとんどの場合、それは受験者が苦労する部分に合わせて制作されます。受験者がしばしば苦しむ科目だけを特訓する講座であったり、受験者がよく間違える部分の問題だけを対策する講座であったりと、いろいろな種類が毎年出されています

このような講座は、行政書士試験日が迫ってきてから販売がスタートする傾向があります。要するに、受験者が苦手な部分を強化したいと感じたときに、その希望を叶えるために売りに出されているのです。

このような通信講座は実際にとても役に立つことがありますし、取り扱う範囲がとても少ないですから価格もあまり高くなりません。つまり受験者にとっては気兼ねなく申し込めるのです。

行政書士の勉強法では、質問しやすい通信講座も大事

行政書士の通信講座は、勉強方法として完成度が高く、年々進歩していますが万能ではありません。それは致し方ない事実です。

通信講座でよくある批判的な意見に、「質問ができない」「質問がしづらい」といった言い分がありますね。これは、行政書士の通学講座と比較した場合に頻出する意見のようです。通学講座では、講義の前後に講師をつかまえて質問する機会がありますし、講義中に手をあげて質問できることもあります。

この点では確かに、行政書士の通信講座は確かにおくれを取る立場となるでしょう。しかし、その点をカバーしようとする努力はずいぶん前から試みられてきました。ラッキーなことに、今はDVDやCD、そしてWebストリーミングの動画を制作・送信できるほど通信手段が発達した時代です。直接講師と顔を合わせる機会がなくても、質問をする方法はたくさんあるのです。

評判の良い行政書士の通信講座は、たいていの場合、以下の手段で質問を受け付けています。

  • 電話
  • 郵送(はがきや手紙)
  • FAX
  • Eメール
  • インターネット(問い合わせ専用のフォーム・ページ等)

中には、受付時間に制限があることもあります(特に電話はそうですね)。しかしメールやネットのように、受付についてはいつでもOK、夜中でもOKというところがザラです。
回答は、質問してすぐにもらえるわけではないですが、1~2日くらいで届けられるということが普通になっています。

質問に関しては、通信講座の数少ない弱点でしたが、このように着々と解消されつつあるわけですね。

通信講座なら行政書士はフォーサイトできまり

行政書士になるための通信教育として人気の講座にフォーサイトがあります。
この講座で特筆すべきなのは合格率の高さでしょう。全国平均の合格率の2.3倍ということですから、全国平均が10%なら、フォーサイトで受講した行政書士志望の人の合格率は23%ということになるのです。

もっとも通信教育を受けるくらいの人だから本気度が違うという意見はもっともです。
それでも合格率に高さは抜きんでていますし、言葉は悪いですが、合格すすればこっちのものです。誰もがわらにもすがる思いで勉強しているのですから、とにかく合格したいというのであれば合格率の高さというのは講座を選択するときの有力なものになるのは間違いありません。
また、行政書士の試験日は毎年11月となっています。ですから6ヶ月コースであれば6月入校は最終ということになります。入校キャンペーンなどで割引をしていることもありますから、そういうチャンスを逃さないようにしたいものです。

フォーサイトで一つ特徴的なものがあります。それは合格宣誓モデルというものです。
これはどういうことかというと、合格することを宣言するというものです。これをすると、宣言メッセージと名前と顔写真が掲載されます。宣言メッセージは合格する強い意志を表わすものとなっていて、これを行うことではしごを外して退路を断つということでさらにモチベーションを上げる効果があるようです。
もちろん合格宣誓した人の合格率は高くなっているようですし、やる気を引き出す効果的な方法といってもいいでしょう。


>>フォーサイトの資料請求はこちらから<<

フォーサイトの評判を調べてみる

通信教育の中でもフォーサイトは大手の部類に入ると思います。それは年間で2万人超の受講者がいることからもわかることです。
また、多くの人が受講している大きな要因として、安い受講料があげられます。この受講料の安さは恐らく大手と言われる通信教育講座の中でも群を抜いているといってもいいでしょう。この安さは評判であり、安い通信教育を受講しようという人にとってはフォーサイトが選択されることは間違いありません。
安かろう悪かろうという言葉はどこにでもあります。他の通信講座に比べて半額以下という値段は安くてありがたい反面不安に感じる人もいることでしょう。

フォーサイトの受講料の安さの秘密は徹底したコストカットにあります。広告宣伝費や教材の印刷をカットすることで大幅なコストカットに成功しているのです。ですから、受講料の安さは健全な企業の事業努力ですので、安さについて心配する必要はありません。

それでは肝心の内容についてはどうでしょうか。一般的に安さのわりにテキストは充実しているという評判です。もっとも初学の人であれば他との比較はできないと思いますが、中には他の業者を受講していて、フォーサイトに移ってきたという人もいます。そのような人のテキストの評価は高いことから内容については大丈夫でしょう。
気になるサポートも評判は良く、一人一人丁寧に行っているようです。受講生が多いのに手を抜いていない姿勢は好感が持てるのではないでしょうか。

講義CDもけっこう使えます

通信教育の中でも人気の高い行政書士の受講講座の教材にはDVDが付属しているのが一般的となっているようですが、DVDプレイヤーを持っていない人もいるかもしれません。持っていても見る習慣がなく、しまい込んでいる、あるいは動かないという人もいることでしょう。誰でもがDVDを見るということではありません。そのような人のためにcdも用意されています。

多くの行政書士の受講内容は音に合わせてテキストを追っていくという進行になります。cdでは声だけになりますが、それだけ耳では音を聞きながら目はテキストを追っているというように勉強の進行は早くかつスムーズに進んでいくことだと思います。
中にはcdとDVDを両方セットで購入した人もいますが、DVDよりも音のみのほうが頭に入りやすいという人もいました。

もっとも行政書士の受講をする人には様々な人がいて、どれがいいという結論は結局は利用する側にしかないということがわかったのです。
通信教育の中で新興勢力でもあるフォーサイトではcdのみ、DVDのみ、cdとDVDといった3種類の教材を提供しています。この中でcdのみの教材が安くなっています。どの教材を使うかはかなり悩ましい問題です。
それと決めるためのお試し教材なども用意してありますのでそれらを活用して最適な教材を選んでみるといいと思います。実際に音のみで勉強している人は余計な視覚が入ってこないからこちらのほうが身につくと断言しているのです。
逆に両方いらないという音や映像を遮断している人もいますから勉強スタイルは人それぞれということなのです。

やっぱりテキストが充実していないと

行政書士など、通信講座の教材にcdやdvdはもう時代遅れになってきているのかもしれません。
これからはオプションになることは間違いないのですが、スマホやタブレットなどを使った講義が始まるかもしれません。とはいっても実際に講師がリアルタイムに講義をするわけではありません。そのような動画に受講者がアクセスして必要な講義を受けるという仕組みです。
スマホやタブレットを無償でレンタルするという手法もできるでしょうし、すでにこの仕組みが始まっている通信講座もあるのです。

それでも、cdもdvdもスマホも関係ないという人もいます。それは勉強するのにそのような教材は邪魔ということです。確かに自分でも黙々と勉強をするタイプの人であれば途中で立ち止まってdvdなどの動画を見てもそれほど意味があるように思えないかもしれません。最初はともかくテキスト偏重になるのは初学の後ですから受講も2回目以降になってからが多いようです。

通信教育の大手であるフォーサイトではテキストのみの教材は販売していないようですが、この場合は教材の中でも安価なcd付属の教材を選んで後はテキスト重視としてもいいかと思います。行政書士の資格をとる勉強は、黙々と暗記していくことが多く事例集などもポイントを覚えておくことで実際の出題の際に大いに役に立ちます。やはり勉強となるとテキストベースがもっとも身につく勉強法なのかもしれません。行政書士の資格を取るための勉強としては一番適しているのがテキストのみの勉強といえるのです。

資格を取るのにおすすめな通信講座

通信教育講座を受けてる人はいつの時代でも多いようです。
資格を取ることで企業内で特別な地位に就くことができるということもあるでしょう。

資格の中には取得するだけで手当がつくものもあります。このような手当が付くというのは国家資格が多いです。というのもこの資格であれば取得が難しいこと、そして取得しているだけで何事においても有利に働く点です。これは取得している自体がステータスになるということですね。
企業内で人気でおすすめなのが情報処理技術者でしょう。一定の知識があれば合格するものから難関のシステム監査に合格すればそれだけで社内のサーバー管理者の中のさらに責任者にもなれると思います。

国家資格の中には座学だけで取得できるものがあり、そのようなものは通信講座などを受講して目当てのものを取得することがおすすめです。
仕事をしながらの勉強となるとそれが難しい試験であればかなり大変だと思います。そして一つ言えることは、独学では効率のよい勉強は望むべくもないということです。
そのためにおすすめなのが通信講座を受講して効率のよい勉強をすることが合格の近道となります。
限られた時間の中で、朝は早起きして1時間は必ず勉強するということを続けていれば残業で遅く帰って今日は勉強がまったくできなかったということも避けることができます。
時間配分が仕事をしていると難しく感じますが、必ず毎日1時間は勉強することを心がければ目当ての資格取得に一歩も二歩も近づいていくことでしょう。

おすすめの通信のタイプを判断

行政書士の勉強法としては、通信講座がおすすめですが、今では数が増え、タイプ別に分けて考える必要があります。前のページまでで、5種類に分けて、それぞれの勉強法について説明してきましたが次のように、簡潔に定義して、それぞれの比較を行いたいと思います。

  1. スクール併設型(総合)
  2. スクール併設型(法律専門)
  3. 通信型(シンプル型)
  4. 通信型(スクール寄り)
  5. 通信型(在宅学習寄り)
※教えられる内容に関してはどこももちろん、緻密な戦略のもとで決めているのですし好評が多いわけですが、見方がまず分かれるでしょう。

1 内容の奥深さや専門性で比較して、行政書士通信講座のおすすめを選ぶなら?
⇒No.2 >No.1、No.4、No.5≧No.3

・No.2のタイプは他の追随を許さない水準にいるでしょうか。

2 合格ラインを越えられる程度の内容で、わかりやすく教えてほしいという希望を持つなら?
⇒No.3≧No.5≧No.1、No.4≧No.2

上の「1」の記述と反しますが、カリキュラムについては、専門性がいちばん大事だとはいえません。
そもそも受験者の大半は、合格できることを優先するのであって、合格ラインを越えられる程度の理解でじゅうぶんなわけです。そういった意味では、No.3がいちばん有利でしょう。

3 費用がどれくらいかかるか、どれくらいリーズナブルに設定されているか?
⇒No.3≧No.5 >No.4≧No.1、No.2

・肝心なことを忘れてはいけませんね。「いくら費用がかかってもいいから合格したい」という人は、行政書士受験者の中ではきわめて少数のはずです。

・この点は、上記の「わかりやすさ」に近い結果になりがちのようです。No.1やNo.5は、費用を安めにすることで受験者の多数派の希望に応じてくれます。

4 教材の内容がどこまで充実しているか?
⇒No.5≧No.1≫No.2≧No.4>No.3

・そして、通信講座である以上はこの点も真っ先に確かめないといけません。
便利さやわかりやすさ、そして続けやすさを総合すると、No.1とNo.5が目立ちます(予算を渋らずに便利で時代の先端を行く技術を盛り込む傾向があります)。

 

こうした流れを総合するとどうなるでしょうか?

大半の受験者にとっていちばん外れになりにくい、行政書士通信講座のおすすめは?
⇒No.5の「在宅学習者の都合によく合わせた、通信教育専門の会社の講座」が、いちばんウェルバランスでしょう。
  • 費用はかなり控えめで、スクールやそれに近いタイプの半分以下にしやすい
  • 孤独な学習が建設的に進むように、ちょっと見ただけでもすぐわかるような教材、そして外でも勉強をやりやすい教材を用意している
  • 合格ラインに到達できる学力を短期的に身につけさせる方針を持ついっぽうで、カリキュラムがシンプルすぎず、総合的な受験対策も抑えている
あくまでもこの結果は、「最近の行政書士受験者の多数派の傾向に合った通信講座」という基準でおすすめを選ぶ、という結果ですから、人によって他の講座のほうが合う可能性はいくらでもありますが、まずはNo.5のタイプを検討しても損はないでしょう。

理想の通信のランキング

行政書士を、ゼロの段階から受けるにあたっては、通信講座を活用した勉強法をとることがほとんどの場合は無難だといえます。
前のページ で、通信講座を5タイプに分けて、どんなタイプが受験者の多数派に合いやすいのかを検証しましたが、そこでいちばんおすすめしやすいと証明された「通信講座受講者の状況に合った開講方針をとっている会社」の講座をさらにランキング化してみましょう。


行政書士通信講座ランキングNo.1:フォーサイト

  • 講座を組み合わせても(基本の講座のほか、過去問重視の講座があります)10万円を大きく下回る価格設定になっている
  • CDやDVDがあり、さらにDVDがWebサイト経由で視聴できるようになるなど、教材の便利化が著しい
  • DVDがオリジナルのセット撮影によって制作されており、インパクトのある映像で何時間でも勉強可能(飽きないと同時に、飲み込みの早さが向上するというよさがあります)
  • テキストに鮮烈なカラーが何種類も、それもどのページにも使用されており、文章も図解もわかりやすさがいっそう高められている
>>詳細・資料請求はこちら


行政書士通信講座ランキングNo2:クレアール
  • 最新版は「Vラーニングシステム」を採用し、コンパクトな講座を艇的に配信して、手軽な勉強をする機会を与えてくれる
  • マルチデバイス化が進み、多様な機材で再生できるWeb(動画)通信はもちろんのこと、音声ダウンロードやDVDもオプションで用意して、受講者の需要に広く対応している
  • テキストや問題集等も、他のスクールや通信講座と比べてもそん色ない構成になっている(とはいえ、読みやすさ等ではフォーサイトに一歩を譲るため、この順位になりました)
  • 費用に関してはゼロから学ぶなら、10万円を超えることは覚悟したほうが無難
>>詳細・資料請求はこちら


行政書士通信講座ランキングNo3:ゼミネット
  • とにかくリーズナブルで、半年のコースであれば4万円以下に抑えられるチャンスあり
  • 動画の配信に特化した会社でもあるため、映像の質は高い(重要部分のクローズアップも驚くほど洗練された技術で盛り込まれてきます)
  • 自社内でテキストや問題集等を(PDFのドキュメントは除外して)制作せず、残りは市販の商品を採用して代用……とする点は意見が分かれるところ(もちろん世評の高い商品を指定するため、使いにくいことはありませんが……、特に問題演習等が手薄であるという感想を持つ人も毎年出ています)
>>詳細・資料請求はこちら


こちらのページ で紹介した、昨今安定した人気を博している3社についてのランキングです(日々進化を繰り返しているため、また入れ替わる可能性はわりと高いでしょう)。
総合的な比較をした結果上記のランキングとなりましたから、今から行政書士の通信講座を使う気がある方には、かなり即効性のあるランキングだといえるでしょう。