7月 2014 archive

通信講座なら行政書士はフォーサイトできまり

行政書士になるための通信教育として人気の講座にフォーサイトがあります。
この講座で特筆すべきなのは合格率の高さでしょう。全国平均の合格率の2.3倍ということですから、全国平均が10%なら、フォーサイトで受講した行政書士志望の人の合格率は23%ということになるのです。

もっとも通信教育を受けるくらいの人だから本気度が違うという意見はもっともです。
それでも合格率に高さは抜きんでていますし、言葉は悪いですが、合格すすればこっちのものです。誰もがわらにもすがる思いで勉強しているのですから、とにかく合格したいというのであれば合格率の高さというのは講座を選択するときの有力なものになるのは間違いありません。
また、行政書士の試験日は毎年11月となっています。ですから6ヶ月コースであれば6月入校は最終ということになります。入校キャンペーンなどで割引をしていることもありますから、そういうチャンスを逃さないようにしたいものです。

フォーサイトで一つ特徴的なものがあります。それは合格宣誓モデルというものです。
これはどういうことかというと、合格することを宣言するというものです。これをすると、宣言メッセージと名前と顔写真が掲載されます。宣言メッセージは合格する強い意志を表わすものとなっていて、これを行うことではしごを外して退路を断つということでさらにモチベーションを上げる効果があるようです。
もちろん合格宣誓した人の合格率は高くなっているようですし、やる気を引き出す効果的な方法といってもいいでしょう。


>>フォーサイトの資料請求はこちらから<<

フォーサイトの評判を調べてみる

通信教育の中でもフォーサイトは大手の部類に入ると思います。それは年間で2万人超の受講者がいることからもわかることです。
また、多くの人が受講している大きな要因として、安い受講料があげられます。この受講料の安さは恐らく大手と言われる通信教育講座の中でも群を抜いているといってもいいでしょう。この安さは評判であり、安い通信教育を受講しようという人にとってはフォーサイトが選択されることは間違いありません。
安かろう悪かろうという言葉はどこにでもあります。他の通信講座に比べて半額以下という値段は安くてありがたい反面不安に感じる人もいることでしょう。

フォーサイトの受講料の安さの秘密は徹底したコストカットにあります。広告宣伝費や教材の印刷をカットすることで大幅なコストカットに成功しているのです。ですから、受講料の安さは健全な企業の事業努力ですので、安さについて心配する必要はありません。

それでは肝心の内容についてはどうでしょうか。一般的に安さのわりにテキストは充実しているという評判です。もっとも初学の人であれば他との比較はできないと思いますが、中には他の業者を受講していて、フォーサイトに移ってきたという人もいます。そのような人のテキストの評価は高いことから内容については大丈夫でしょう。
気になるサポートも評判は良く、一人一人丁寧に行っているようです。受講生が多いのに手を抜いていない姿勢は好感が持てるのではないでしょうか。

講義CDもけっこう使えます

通信教育の中でも人気の高い行政書士の受講講座の教材にはDVDが付属しているのが一般的となっているようですが、DVDプレイヤーを持っていない人もいるかもしれません。持っていても見る習慣がなく、しまい込んでいる、あるいは動かないという人もいることでしょう。誰でもがDVDを見るということではありません。そのような人のためにcdも用意されています。

多くの行政書士の受講内容は音に合わせてテキストを追っていくという進行になります。cdでは声だけになりますが、それだけ耳では音を聞きながら目はテキストを追っているというように勉強の進行は早くかつスムーズに進んでいくことだと思います。
中にはcdとDVDを両方セットで購入した人もいますが、DVDよりも音のみのほうが頭に入りやすいという人もいました。

もっとも行政書士の受講をする人には様々な人がいて、どれがいいという結論は結局は利用する側にしかないということがわかったのです。
通信教育の中で新興勢力でもあるフォーサイトではcdのみ、DVDのみ、cdとDVDといった3種類の教材を提供しています。この中でcdのみの教材が安くなっています。どの教材を使うかはかなり悩ましい問題です。
それと決めるためのお試し教材なども用意してありますのでそれらを活用して最適な教材を選んでみるといいと思います。実際に音のみで勉強している人は余計な視覚が入ってこないからこちらのほうが身につくと断言しているのです。
逆に両方いらないという音や映像を遮断している人もいますから勉強スタイルは人それぞれということなのです。

やっぱりテキストが充実していないと

行政書士など、通信講座の教材にcdやdvdはもう時代遅れになってきているのかもしれません。
これからはオプションになることは間違いないのですが、スマホやタブレットなどを使った講義が始まるかもしれません。とはいっても実際に講師がリアルタイムに講義をするわけではありません。そのような動画に受講者がアクセスして必要な講義を受けるという仕組みです。
スマホやタブレットを無償でレンタルするという手法もできるでしょうし、すでにこの仕組みが始まっている通信講座もあるのです。

それでも、cdもdvdもスマホも関係ないという人もいます。それは勉強するのにそのような教材は邪魔ということです。確かに自分でも黙々と勉強をするタイプの人であれば途中で立ち止まってdvdなどの動画を見てもそれほど意味があるように思えないかもしれません。最初はともかくテキスト偏重になるのは初学の後ですから受講も2回目以降になってからが多いようです。

通信教育の大手であるフォーサイトではテキストのみの教材は販売していないようですが、この場合は教材の中でも安価なcd付属の教材を選んで後はテキスト重視としてもいいかと思います。行政書士の資格をとる勉強は、黙々と暗記していくことが多く事例集などもポイントを覚えておくことで実際の出題の際に大いに役に立ちます。やはり勉強となるとテキストベースがもっとも身につく勉強法なのかもしれません。行政書士の資格を取るための勉強としては一番適しているのがテキストのみの勉強といえるのです。

資格を取るのにおすすめな通信講座

通信教育講座を受けてる人はいつの時代でも多いようです。
資格を取ることで企業内で特別な地位に就くことができるということもあるでしょう。

資格の中には取得するだけで手当がつくものもあります。このような手当が付くというのは国家資格が多いです。というのもこの資格であれば取得が難しいこと、そして取得しているだけで何事においても有利に働く点です。これは取得している自体がステータスになるということですね。
企業内で人気でおすすめなのが情報処理技術者でしょう。一定の知識があれば合格するものから難関のシステム監査に合格すればそれだけで社内のサーバー管理者の中のさらに責任者にもなれると思います。

国家資格の中には座学だけで取得できるものがあり、そのようなものは通信講座などを受講して目当てのものを取得することがおすすめです。
仕事をしながらの勉強となるとそれが難しい試験であればかなり大変だと思います。そして一つ言えることは、独学では効率のよい勉強は望むべくもないということです。
そのためにおすすめなのが通信講座を受講して効率のよい勉強をすることが合格の近道となります。
限られた時間の中で、朝は早起きして1時間は必ず勉強するということを続けていれば残業で遅く帰って今日は勉強がまったくできなかったということも避けることができます。
時間配分が仕事をしていると難しく感じますが、必ず毎日1時間は勉強することを心がければ目当ての資格取得に一歩も二歩も近づいていくことでしょう。