過去問の極意

行政書士のベストの勉強法を研究するとき、避けて通れないのが過去問の確保と活用でしょう。
ある意味で、メインのテキストより大切だといえます。

過去問を、本屋さんやネット通販で購入したいという人がよくいますが、その場合なら、参考書・テキストのページ で説明したように、次のようなシリーズの過去問が、(やはり行政書士の勉強法においては)王道といえます。

  • 「うかる!行政書士」シリーズ(日本経済新聞出版社)
  • 「うかるぞ行政書士」シリーズ(週刊住宅新聞社)
  • 「らくらく行政書士」シリーズ(週刊住宅新聞社)
  • 「行政書士一発合格」シリーズ(TAC出版)
  • 「出る順行政書士」シリーズ(東京リーガルマインドLEC総合研究所)
……etc.

※ただし、「過去問題集」と銘打っていないこともある点に注意しましょう。総合的な問題集やテスト集となっていることも多いです。

これらのメジャーなシリーズの過去問でも当然OKですが、行政書士の勉強法を真摯に考えるなら、過去問もよく目を通して買わないといけません。
中身をろくに見ずに買う人が、わりと過去問に関しては多いですが、それは正しい行政書士の勉強法とはいえません。

なるべく次のような点にこだわって選びたいものです。
  • 解説にむらがない、すべての選択肢等について解説してくれる(解説が親切に書かれていることは当然必須ですが、それだけではありません、行政書士試験の大半を占める選択問題については、間違いの選択肢についてもその根拠を述べていること、そして記述問題についても解説が豊富についていないと、参考になりません)
  • 問題の難易度が書いてある(これは過去問をやるときに助かる点です。いきなり難問に取り組もうとしても無理がありますから、易しめの問題からやっていくこともできますし、勉強法にメリハリが出てきます)
  • 問題を解くときの、妥当な時間が書いてある(行政書士試験では何分もひとつの問題に費やすことはできません。どれくらいの時間で解くべきなのか書いてあると、予行練習にいっそうの弾みがつきます)
  • 年度ごとや、科目ごとに過去問を手に入れることもできる(年度ごとにまとまっていると、当然予行練習するときに特に便利ですが、科目ごとにまとまっていれば、科目ごとの研究が楽になります。
余裕があれば、過去問は2種類くらい手に入れてもかまわないでしょう
……もちろん、各種類をじっくりとやりつくす必要はありますが)。

なお、過去問(や、その他の問題集)は、メインのテキストと異なり、これと決めたものをずっと使う必要はあまりありません。余裕ができたら他の品に手を出してもよいでしょう。

※行政書士の過去問では、ただで配布されている種類もインターネットで探せば簡単に見つかりますが、これらはその出どころ(どんな人が編纂しているのか?)に注意しましょう。やはり、正確な情報だという確信が持てないうちは手を出すべきではないです。

>>最も進化した動画配信講義を試してみる<<