通信専門の講座(独自の方向性)

行政書士の通信講座は、メジャーな業者をチェックしてみておも、すぐに10以上が検索で出てきます。それだけ、行政書士の勉強法として正当に評価されていることの証ですが、その数ある中から1社を選ばないといけませんね。
そこで、いくつかの種類に分けて説明しましょう。
ここでは、通学講座とは違う特色が目立つ行政書士通信講座の特徴を説明します。
※通信講座中心の会社も意外なほど多く、探すとわらわらと見つかる時代です。そんな通信講座中心の会社の行政書士講座も、種類分けをすることができます。通信ならではの特性をめざしていると考えられる講座の代表例としては、クレアール、フォーサイト、ゼミネット……等がありますね。


【通学にない特性が目立つ行政書士通信講座に見られる、指導の特徴とは?】
通信講座を使いたいと考える受験者の立場をよく考慮している(在宅学習に特化したスタイル)点が特徴です。
時間をかけずに、最短スピードで合格できる学力を身につけさせようとする特徴が(他の通信講座やスクールにも共通していますが)さらに強く出されています。

また通信講座という、スクールと違って目の前で教えられないという弱点を補うためのアイデアが見つかる点も無視してはいけないでしょう。


【通学にない特性が目立つ行政書士通信講座に見られる、教材の特徴とは?】
何といっても、映像型の教材が格別のステイタスを誇っています。
自宅ですべてを学びとれるように、オリジナリティあふれる映像の制作に余念がありません。講師のカメラを大きくとらえる撮影方針と、背景に図解やテキスト等のポイントを拡大表示する編集方針が、理解しやすくて飽きないという二大特徴を発揮しています。

テキストや問題集は、会社によってわりとばらつきがあるかもしれません。
テキストについても見やすい説明を心がけているのが、フォーサイトです(各部分が、鮮やかな原色で上手に強調され、一発で要所に気づけるようになっています)。いっぽうでゼミネットの場合は独自のテキスト等を用意せず、PDFのみでレジュメを配布します(物足りないという意見はやはり一定数持ち上がっています)。


【通学にない特性が目立つ行政書士通信講座に見られる、予算・費用の特徴とは?】
予算は総じて安めですが、かなりむらがあります。(クレアールのように、同じ会社内でも4~5万円くらい変わることもあります)。かなり高めでも15万円くらい、平均して5万円から10万円の間ということが一般的です。


NEXT POST >> おすすめ通信教育講座ランキング

>>最も進化した動画配信講義を試してみる<<