通信専門の講座(スクール寄り)

行政書士の通信講座は、メジャーな業者をチェックしてみても、すぐに10以上が検索で出てきます。それだけ、行政書士の勉強法として正当に評価されていることの証ですが、その数ある中から1社を選ばないといけませんね。
そこで、いくつかの種類に分けて説明しましょう。
ここでは、通学スタイルに近い特色が見られる、行政書士通信講座の特徴を説明します。
※通信講座中心の会社も意外なほど多く、探すとわらわらと見つかる時代です。そんな通信講座中心の会社の行政書士講座も、種類分けをすることができます。より通学講座に近いスタイルをとっている講座の代表例としては、DAI-X、エル・エー……等がありますね。

【通学型に近い内容の行政書士通信講座に見られる、指導の特徴とは?】
通信講座中心の会社(より通学講座に近いスタイル)の勉強法は、目指している勉強法やカリキュラムについては、他の通信講座の会社と大きな違いはないようですし、また有名なスクールとも変わりはほとんどありません。

開講回数や試験の日までの期間をかなり細かく計算して、いつまでに何をやるのか整然と準備してくれます。大切な範囲の習得や、問題演習等もできるだけ無駄がないように(限られた日数でも合格が可能になるように)プログラム化されていると期待してしまっても
問題ありません。

【通学型に近い内容の行政書士通信講座に見られる、教材の特徴とは?】
テキストや問題集等は、カリキュラムを反映して、一流のスクール等に負けない水準で、各科目や範囲を覚えられるように構成されている……と思ってもかまいませんが、使いやすさ等はどうしても差がありますし、相性も出てきます。
エル・エーの場合は、テキスト等を自社内で制作しません(その代りに、市販のテキスト等を教材に採用します)。このやり方には賛否両論がありますね。

DVDのような映像型の教材の制作はしっかりしていることが多いのですが、見やすくつくられているかどうかはまた別です。
DAI-Xやエル・エーの場合、スクールの(教室の)講義のスタイルを忠実に取り入れるやり方になっていて、カメラに動きがない、あるいは手書きの板書を読みづらいといった声も出ています

【通学型に近い内容の行政書士通信講座に見られる、予算・費用の特徴とは?】
予算については会社間でかなりむらがあります。エル・エーの場合は約10万円と、スクールと比べて少し安くなっていますが、DAI-Xの場合は15~20万円くらいに設定されていて、本当にスクールに近い金額体系となっています。

>>最も進化した動画配信講義を試してみる<<