勉強時間の計算法

行政書士受験にかかる勉強時間は、合計すると何百時間にもかさむのが常識ですが、無駄のないやり方を真似することができれば、その時間もおおいに短縮できるチャンスを持てます。
勉強時間を長くとってもだらだらとしてしまうとよくありませんし、効率的な勉強時間と勉強計画を想定することが、行政書士の勉強法を探している人にはおすすめです。

それでは、合計の勉強時間はどれくらいあると、行政書士の合格にはよいのでしょうか?
……受験者の学力等がまったく統一されていない以上、大まかなことしか答えられませんが、500~600時間をひとつの基準と考えることをここでは提案したいと思います。

行政書士の試験は、合格率は低く、失敗者が圧倒的に多いものの、それでも「無知な志望者でも、1度の受験で合格は可能なレベル」であることは事実です。
毎年試験があるのですから、これはイコール、「1年未満の勉強でもOK」という意味になります。
実際に、500時間なら数ヶ月でカバーできる勉強時間ですから、大半の行政書士受験者にとってもじゅうぶんに耐えられる時間でしょう。

試験日までに、どれくらいの時間があるのかを逆算して、どれくらいのペースで勉強し続ければいいのか、最初のうちに(ざっとでもかまいませんし、あとから変更を加えてもOKですから)イメージ計算しておきましょう。

たとえば8ヶ月くらいあるなら?
→1ヶ月ごとに65~80時間くらいの勉強時間を確保すれば間に合う計算になるでしょう。
たとえば5ヶ月くらいなら?
→100~120時間くらいで毎月の勉強時間を分割することが妥当という計算が成立するでしょう。

あとは、個々のライフスタイルに合わせて計算することになります。
たとえば一般の会社員や公務員、学生等であれば平日と土日祝日で1日当たりの勉強時間を分ける(休日に、平日の倍以上の時間をかける人が多いですね)というやり方が一般的です。
また、主婦やフリーター、第二新卒等であれば平日でもたっぷりとした勉強時間をとれるかもしれません。

※いずれにしても、行政書士の勉強時間は、量もさることながら、中身の濃さが大切です。密度の濃い勉強をやり通すには、まずは毎日できるだけ休まずコンスタントに勉強する習慣をつくることです。
仕事や家事や育児、他の学業等があっても、試験日までに余裕がある場合でも、1日に2~3時間はコツコツと勉強を続けることが大事でしょう。

>>最も進化した動画配信講義を試してみる<<