六法の極意

行政書士の勉強法を求める人は多く、さまざまな教材が提供されていますが、六法については「どれくらい必要なのか」「どうやって使ったらいいのか」それらの点がしばしばちょっとした論議を呼んでいます。

行政書士の勉強法は数々考案されてきましたが、共通して必須とされる教材は、テキストと過去問です。六法となると意見が分かれることがありますが……
ここでは六法については、行政書士の勉強法においては
「最初から用意しなくてもOK」「ただし、あると助かる場面はいずれ増える」
という回答をしたいと思います。

行政書士の勉強内容は、法令に関することが山盛りとなっています。
親切なテキストは、いちいち法令の条文を読者が読まなくてもよいように、わかりやすく噛み砕いてくれているのですが、それでも「条文を参照したほうがいい場面」はときおり発生します。
そういったときに、条文にはどんな書き方がされているのか、確認するために六法の出番も誕生するわけです。

とはいえ、オーソドックスな六法全書は、大学の法学部等の出身者ならわかるかもしれませんが、とても重くて分厚く、使いやすいものではありません。
しかもその大半は、行政書士の勉強法にほとんど縁がない部分ばかりです。

六法を手元に置きたいなら、行政書士の勉強法専用に編纂された、特殊な六法(「ミニ六法」と呼ばれることもしばしば)を探したほうが無難でしょう。
行政書士の試験範囲に関連した部分だけを抜粋しているため、無駄がないばかりか、かなり軽量で、めくったり移動したりするときに疲れなくて済みます。

なお、六法は行政書士の勉強法においては、
「最初から最後まで、メインのテキストや過去問の情報の裏付けを取るために使うもの」です。
条文から理解をすることが目的ですから、むやみやたらと条文を暗記しようとしたり、書き写したりする勉強はする必要がありません(真面目な受験者の中には、そうした方法を取ろうとする人がいますが)。
憲法のような科目の勉強法については、条文を深く理解する必要が確かにあるものの、テキストや過去問と連携させて、理念を正確に理解するだけでじゅうぶんです。

なお、六法がなくてもじゅうぶんに合格力を身につけられるように、構成されている教材一式を届けてくれる講座も、現在なら各種開講されています。そういった六法なしでもパスできる勉強法をとるのも、行政書士の受験ではアリです。

>>最も進化した動画配信講義を試してみる<<