シンプル形式の通信

行政書士の通信講座は、メジャーな業者をチェックしてみておも、すぐに10以上が検索で出てきます。それだけ、行政書士の勉強法として正当に評価されていることの証ですが、その数ある中から1社を選ばないといけませんね。
そこで、いくつかの種類に分けて説明しましょう。
ここでは、ユーキャンに代表される、安価でシンプルな勉強法をとれる行政書士通信講座の特徴を説明します。
※行政書士の通信講座専門の(あるいは、中心にしている)業者で、特に長年、添削等を中心にしていたり、なじみやすさで定評があったりした業者の代表例をあげますと、ユーキャン、日本マンパワー、キャリアカレッジジャパン……等がありますね。

【ユーキャン型初心者向けの行政書士通信講座に見られる、指導・勉強法の特徴とは?】
教材の量や種類がシンプルで、過剰な教材やカリキュラムに直面するとげんなりしてしまうタイプの人には、ストレスにならないセットになっている点が特徴でしょう。
教え方もシンプル、あるいは必要最小限の範囲を中心としていることが多く、合格に必要なことばかりに絞った勉強をできるという意味では、かなり成功しているといえます。

【ユーキャン型初心者向けの行政書士通信講座に見られる、教材・勉強法の特徴とは?】
教材はどうしてもボリュームが少ないため、楽だと感じる人がいるいっぽうで物足りないと感じる人もいることは事実です。
テキスト等は見やすさとスタートのしやすさが優先されているため、ついていけずに脱落してしまうという噂が流れることはあまりありません。

ポイントは、メディア型の教材がない(日本マンパワーの場合はなし)か、サブの教材の範疇にとどまっていることでしょうか。
ユーキャンの場合、Webサイトから動画等のサービスも勉強法の一部として提供していますが、まだあくまでも、勉強の力添え程度の役割にとどまっています。キャリアカレッジジャパンは、近年方針を切り替えて、Web動画の配信を通して計画的な勉強法を提供しているため、だいぶ変わりつつありますが。

【ユーキャン型初心者向けの行政書士通信講座に見られる、予算・費用の特徴とは?】
予算面のありがたみが、これらの業者の最大のメリットであるといえます。
ユーキャンの場合は税込みで6万円を超える程度の金額で、まとまった教材(と勉強法)が入手できてしまいますし、キャリアカレッジジャパンの場合も5万円前後しかかかりません。
添削中心の日本マンパワーあたりになると、4万円を切るくらいの安値がセールスポイントとなっています。

>>最も進化した動画配信講義を試してみる<<