やっぱりテキストが充実していないと

行政書士など、通信講座の教材にcdやdvdはもう時代遅れになってきているのかもしれません。
これからはオプションになることは間違いないのですが、スマホやタブレットなどを使った講義が始まるかもしれません。とはいっても実際に講師がリアルタイムに講義をするわけではありません。そのような動画に受講者がアクセスして必要な講義を受けるという仕組みです。
スマホやタブレットを無償でレンタルするという手法もできるでしょうし、すでにこの仕組みが始まっている通信講座もあるのです。

それでも、cdもdvdもスマホも関係ないという人もいます。それは勉強するのにそのような教材は邪魔ということです。確かに自分でも黙々と勉強をするタイプの人であれば途中で立ち止まってdvdなどの動画を見てもそれほど意味があるように思えないかもしれません。最初はともかくテキスト偏重になるのは初学の後ですから受講も2回目以降になってからが多いようです。

通信教育の大手であるフォーサイトではテキストのみの教材は販売していないようですが、この場合は教材の中でも安価なcd付属の教材を選んで後はテキスト重視としてもいいかと思います。行政書士の資格をとる勉強は、黙々と暗記していくことが多く事例集などもポイントを覚えておくことで実際の出題の際に大いに役に立ちます。やはり勉強となるとテキストベースがもっとも身につく勉強法なのかもしれません。行政書士の資格を取るための勉強としては一番適しているのがテキストのみの勉強といえるのです。

>>最も進化した動画配信講義を試してみる<<