おすすめの勉強法

行政書士の試験は、1回しか受けなくても合格できる試験であり、勉強法をきちんと厳選して実行するなら、数ヶ月の勉強で受かるチャンスを持てます(何も知らなかった人でもそれができるという意味)。
時間はある程度必要ですが、その期間を「濃く過ごす」ことが第一でしょう。

そして、それを実行できる勉強法として、行政書士の通信講座を、よく選んで受講することをここでは提案します。
これは言い換えると「不特定多数の行政書士受験者の大半にとって、しっくりする可能性が高い勉強法は、通信講座の受講」だという意味です。

行政書士のいちばんポピュラーな勉強法・合格法は、専門のスクールの講座を選んで通学することです。
しかし、通学スタイルにも限界がありますし、何よりもその勉強法を選べない人もおびただしいくらいいるはずです。

行政書士のスクールへの通学、という勉強法がどんな条件に縛られるのかを考えると……?

  • 数日おきに通学することが負担になりやすい(途中での脱落はしなくても、疲れるために勉強全体がはかどらなくなるケースがあります。教室での講義だけではなく、帰ってからも勉強は必要なことに注意する必要もあります)
  • どうあがいても費用がかかるため、15万円かそれ以上の出費を覚悟しないといけない
  • 講義を受けることに満足してしまい、自分で学習効果を高めようという努力をしなくなる可能性がある
最近は、
  • 授業の振替制度を用意している
  • ハローワークの教育訓練基金等と提携して安くなるチャンスを用意している
といった例もありますし、以前よりだいぶ便利になっていますが、原則として、相当スクールが近い場所にあり、帰宅中にもうその日の復習を済ませてしまうくらいの意欲を持てる人でないと、せっかくのスクールからの指導も活用し切れない可能性があります(だからこそ、スクールの出身者でもあんなに行政書士試験に落ちているのです)。

行政書士の勉強法を考えるにおいて、通信講座が今、膨大な受験者に望まれる理由を取り上げるなら……、
  • スクールに負けない水準の講師が当たり前のように起用されている
  • 教材が進化して、映像等を使って講義を配布しているため、教室に出向かなくても家の中で講義を受けられる
  • 独学と同様に、勉強時間を好きなように設定でき、通学者のように「通学だけで疲れてしまう」ことがない
行政書士の受験者の大半は、法令や行政の知識に疎い人が多いでしょうが、今の通信講座は、スクールと同水準の講義を提供するため、初心者にとってのメリットも、ほぼ匹敵する水準に達しています。
しかし、費用や時間といった大事な部分では、通学者より格段に恵まれるというわけですね

>>最も進化した動画配信講義を試してみる<<