行政書士の勉強法を、初歩的な部分から見過ごされる部分までカバーしました

行政書士という試験は、「難しいのに難しすぎない」といった位置づけの試験で、勉強法がこれまでに多数研究されてきました。

その中には、微妙な方法論も多かったのですが……
幸いなことに、要領よく合格するための勉強法も混ざっていました、そこでどうやれば行政書士の試験を苦労せずにパスできるのか、ページをたっぷりと費やしながら説明しましょう。

行政書士のよい勉強法を探すのに苦労する人がいつまでも多いままなのはどうしてでしょうか?

  • 何年もかけなくても受かる望みがある反面、勉強法を誤解する「行政書士受験の素人」が多い
  • 情報が氾濫する時代だからこそ、いい加減な噂や中途半端な情報に惑わされてしまう
  • (すぐ上の項目に関連して)楽観しすぎて、油断して学力不足に陥ってしまう
  • >基本的な勉強方法は会得できても、それをスムーズに成り立たせるコツまでは会得できていないことが多い

行政書士の難易度は、たまには上がることもありますが、回を追って上がったままということは決してありません(うしろのページ で説明しますが)。
ようするに、行政書士は半永久的に合格のチャンスは毎回均等に与えられる試験で、勉強法も突然極端に変わってしまうケースはまずないのですが、脇道にそれてしまったり遠回りをしてしまったりする受験者が驚くほど多いという現実があります。

※実際に、毎年試験が終わると、「試験問題の難しさ・わからなさ」等に関してネットの各地で悲嘆が飛び交いますね(特に、匿名系の掲示板等はその風潮が強いです)。しかし試験の前までは、むしろ軽視するような風潮が根強いかもしれませんが……。

そうした事実を憂慮したのが、このサイトを急遽オープンした動機でした。
行政書士の勉強法を、できるだけ丁寧に解説したつもりです。


特に、
■ある程度有名な方法だけを説明するのではない
(メジャーな方法があっても、それをうまく実施できないのでは意味がありませんから、どうやったらそれがうまくいくのか、そこまで絡めて説明するようにしました)
■まだ行政書士のことをよく知らない人でも、つまり予備知識が皆無の人でも受かるような道のりを案内する
■行政書士の資格に関心を持つような人たちの境遇を思い起こして、その勉強の条件によく合っている方法を提案する
(時間であるとか、予算であるとか……効率の観点からもよい方法を模索しました)
……以上の点をずっと重視しながら編纂したつもりです。


やる気のある人に読んでいただいて、行政書士の勉強法を見誤らずに、早くこの資格を手に入れていただきたいと願わずにいられません。


>>まずは、おすすめ教材の解説から


note

>>最も進化した動画配信講義を試してみる<<